神待ちサイトでセフレをゲットしたいならばプロフィール作成にも注意

神待ちサイトでセフレをゲットしたいならばプロフィール作成にも注意しましょう。
空白にせずに埋めるのは当然ですが、具体的にどのように書くのかとなると悩んでしまう人もいるでしょう。

メールでガンガン攻めるのですが、相手はプロフィールをチェックします

プロフィールを上手に作成しておけば、相手側からアタックしてくることもあります。
セフレゲット率もアップするので手抜きせずに頑張りましょう。

タベタのワンパターンはダメ

あまりにも無難すぎるプロフィールは印象にも残りません。
完璧すぎるプロフィールも現実味がないので警戒されます。
例えば、趣味欄で「スノボー」「フットサル」「映画鑑賞」などは無難すぎて、爽やかキャラを演習しようと見られます。
リア充の雰囲気もあるので、逆に避けられる傾向にあります。

それよりも「スノボー」「フットサル」「アニメ鑑賞」にしましょう。
これの方が、少しオタク系が入っていてリアリティがあるのです。
女性の安心感も高まります。

これが「アニメ鑑賞」「同人誌作成」「フィギアコレクション」ならばヤバイです。
一般的に認めてもらえる範囲の趣味と認知度が低い趣味をミックスさせるのがポイントです。

「読書」「仕事」「ジョギング」なども最悪な趣味です。
つまらない人間に思われてしまいます。

良い例として上げると「映画鑑賞」「アニメ」「釣り」程度です。
これならば映画は一般的ですし、アニメは女性でも最近は読んでいます。
釣りは女性には不人気ですが、こういったものが入っているとリアル感があるのです。

プロフィールの趣味でウソをつくのは?

バレない程度なばいいでしょうが、「料理」とか「サッカー」ならば見せるシーンがないでしょう。
ですが最低限の知識がないとデートしたときにバレバレです。

まとめ

女性でも料理しないのに、趣味が料理なんてこともあります。
こんな風にプロフィールは相手の印象を決める大切なものです。
神待ちサイトでまずは親しくなってデートできるようになりましょう。
そこからセフレになるかどうかが始まります。

2ちゃんで語られる神待ちの女心

「神待ちをしたことがある」という女性からの投稿がありましたが、当然ながら女の子もちゃんとした男性と出会いたいと思っています。その女性の投稿では、そのためには「サイト選びが勝負」と述べられていました。

サイト選びが勝負

無料で登録できるサイトがいくつもありますが、日頃出会い系サイトを利用するという方で、無料がメインだという方はかなり少ないようです。話は簡単で、管理運営に相当経費を使うはずので愛敬サイトが有料であるためには、どこかでまかなわなければならないからです。具体的には「スパムメール」や「課金詐欺」のターゲットにされてしまいます。やはり昔から運営している大手が安心です。

神待ちを行う女性は普段から出会い系サイトを利用している場合が多いようです。先ほどの女性の体験談では、いままで使っていなかったサイトに登録していきなり「泊めて下さい」なんて投稿できない、というような記述がありました。同様に、神待ち少女を喰う気満々の男性が多く登録していそうな、「神待ち」がサイト名に入っているサイトには登録する気が起きないようです。

カラダを提供する覚悟はしていても、あくまでそれは流れの中での話。はじめからそれ目的の男性はイヤ、という女心ですね。

悪徳サイトへ誘導する手口

昨年の事でしたが、2ちゃんのスレッドでのやり取りで、出会った家出少女と実際にセックスできるようになるサイトなんてあるのだろうか、という問いがありました。それに対して「神待ちフレンズ」は間違いない、むしろ神の人数が足りなくて困っている、という投稿が、次いでそれに賛同し、自身も登録する、という投稿が加えられます。

悪徳サイトに注意

いわゆる神待ちの悪徳サイトに注意を促す側の意見としてよくあるのが、サイト名に「神待ち」などというキーワードなんて普通は入れない、ということです。いくら個人間の売春が取り締まりの対象外であるとはいえ、そんな名前のサイトに対してはさすがに警察は動くだろう、というのです。

ちなみに「神待ちフレンズ」で検索してもその名前のサイトは出てきません。実際には別の名前の出会い系サイトですが、ここを表示させると、トップ画面にいかにもサイト名であるかのような「神待ちフレンズ」というロゴの画像が出ます。実質的にはその名前であるにもかかわらず別名で登録、その別名も「フレンズ」というどこにでもあるような名前で、明らかに検索されないようにしており、怪しいサイトだということがわかりますね。

このようなサイトにそれとなく誘導する投稿もありますので注意しましょう。

利用するなら大手老舗サイト

かつて出会い系サイトは「犯罪の温床」となった時代があり、数々の問題が起こって厳しく規制されるようになりました。その時代を経てなお運営を続けている老舗の大手出会い系サイトは、少なくとも高額な利用料を理不尽に請求してくるような、あくどい商売をしない、という意味で信用しても良い、というのが2ちゃんねるに限らず出会い系サイト利用者の間の常識です。2ちゃんねるの投稿でも、大手老舗サイトの運営に関しては、安定的に肯定的な見解が述べられているようです。

優良サイトを選ぼう

ハッピーメールやPCMAXなどが大手老舗サイトの最たる例ですが、これらのサイトを利用した体験談なら信用に値すると思っていいでしょう。すでに広告もバンバン出ていますから、2ちゃんの掲示板でステマに及んだりリンクを貼ってサイトに誘導したりなどする必要はないのです。

ただし、大手は利用者が大変多いこともあり、18際に満たない青少年が紛れ込んでいるケースがあります。神待ち家出少女をかくまってから半年後に逮捕されたなんていう体験談なんかも投稿されています。また大手は何処でもその傾向がありますが、援助交際募集が極めて多いので、これを目的としない利用者からはうんざりされているようです。

2ちゃんねるにおける神待ちの賛否

匿名掲示板としてあまりにも有名な「2ちゃんねる」ですが、神待ちに関しては「体験談」と「悪徳サイトへの注意」がおおむね半々くらいの割合で述べられている印象です。

事実として神待ちを行う家出少女は存在しており、また家出少女をかくまってあげる神様と呼ばれる男性がいるのも事実、また神様になろうとして神待ち少女を捜しているいる男性がいるのも事実です。

投稿のすべてが真実のは限らない

可愛らしい家出少女をかくまってイイ思いをした神様もいることでしょうし、可愛げのない女の子に辟易した神様もいる事でしょうが、匿名掲示板に投稿されている内容が全て事実だと信じる事はできません。悪徳な神待ちサイトへ男性を誘導して金銭をだまし取ろうとする業者が存在しているのもまた事実で、神待ちの体験談の中にそういった目的で書かれたファンタジーが混在している可能性はかなり高いと考えられます。

現在の小中学校ではネットを辞書のように扱う教育を行っているようですが、とても恐ろしいことですよね。2ちゃんねるの創始者であるひろゆき氏自身が言うように、嘘を嘘と見抜く事ができなければインターネットを利用する事は難しく、ウマく利用していたつもりが後になって高額な請求を突きつけられてしまう事もあり得ます。